モーニング記録

【谷中・HAGISO】日本各地のおいしい定食を楽しむモーニング「旅する朝食」

最近は息抜きとして、平日より休日に外で朝ごはんを食べることが増えました。

仕事からはすこし離れて考えごとをしたり、本を読んだりして過ごすのにぴったりな「休日にのんびり食べたい」モーニングをこれからすこしずつ紹介していこうと思います。

今回は谷中三丁目にある『HAGISO』。
谷中銀座商店街から小道に入り、少し歩いた先にあります。
この黒い外壁が目印。


ここHAGISOは築60年の木造アパートを改修した「最小複合施設」で、今回紹介するカフェのほかにもギャラリー・レンタルスペース・ショップ・建築事務所などが入っています。

朝ごはんが食べられるのは1Fにある『HAGI CAFE』。
お店自体は昼夜も営業していますが、モーニングメニューが食べられるのは8:00〜10:30(ラストオーダー10:00)の間です。

HAGISOモーニングの魅力は、「旅する朝食」というコンセプトのもと、日本各地の食材を使った朝ごはんが食べられること。

シーズンごとに都道府県をピックアップして、その土地のものだけを使ったメニューになっているので、食で旅をするような楽しみ方ができます。

モーニングメニューでは、下記フードメニューに別途ドリンクを注文するシステム。
※「旅する朝食」が楽しめるのは和定食のみのようです

和定食(旅する朝食) 350円
自家製スコーン 250円

ちなみにドリンクは500円前後くらい。
コーヒーや牛乳のほか、その時テーマになっている土地のドリンクもあったりします。

こちらが和定食!
この時は鳥取県がテーマだったため、すべて鳥取の食材を使ったメニューになっていました。

+90円で生卵をつけることもできて、これがまた最高。私はすこしお金に余裕があるときはつい追加してしまいます…。

その日のお品書きや産地・生産者の情報も一緒に添えてもらえるので、気に入ったものはすぐ調べることができるのもうれしいポイント。

卵はもちろんご飯に乗せていただきました。
朝に食べるたまごかけごはんって、なんでこんなにおいしいんだろう。
90円で買えるしあわせ、最高です。

ここHAGISOの近くには谷中銀座商店街もあるので、朝食を食べたあとは近所をぶらぶら散歩するのも楽しいですよー!
谷中銀座は日中混み合うことが多いので、ここで朝ごはんを食べて、早い時間から出歩くプランをおすすめします。

ちなみに現在(2019年春夏)は鹿児島の朝ごはんが食べられます。
カリカリふわふわのつけあげ(さつまあげ)とさっぱりとした甘さの大里みかん、おいしかったなあ。


店舗情報

HAGISO
営業時間:8:00〜10:30 (モーニング営業) / 12:00〜21:00
定休日:不定休(※臨時休業あり)
所在地:東京都台東区谷中3-10-25 HAGISO

※情報は掲載時のものです