モーニング記録

【六本木・ブルーボトルコーヒー】庭園を眺めながら味わうベジタブルサンド

仕事からはすこし離れて考えごとをしたり、本を読んだりして過ごすのにぴったりな「休日にのんびり食べたい」モーニングをぽつぽつと紹介しています。

今回は、この青いボトルのマークでおなじみのブルーボトルコーヒー、六本木店。

店舗周辺のようす

お店の目の前には小さな庭園があり、都心とは思えないほど落ち着いた雰囲気です。

池には鯉や金魚の姿も。

朝から食べられるフードメニューを一部紹介

こちらにモーニングメニューはないのですが、フードメニューが数種類用意されており朝から注文することができます。

この日、サンドイッチは下記4種類がありました。

・チキンのチャバタサンドイッチ(650円)
・Roppongi(650円)
・トマトとフレッシュハーブのチャバタサンドイッチ(650円)
・エッグサラダ(500円)

六本木店オリジナルサンド“Roppongi”

六本木オリジナルサンド“Roppongi”(650円)と本日のドリップコーヒー(450円)を注文。
ちょっと贅沢な朝ごはんです。

Roppongiはトマト、アボカド、スプラウト、キャロットラペなど6種類の野菜が入ったベジタブルサンドイッチ。ちなみに「六本木」にちなんで6種類なんだとか…。
キャロットラペの酸味と塩気がしっかりと主張していて、思っていた以上に食べごたえがあります。

パンは代々木上原のカタネベーカリーのものだそう。外はパリッとトーストされていて、中はもっちり。小麦の香ばしさが感じられるおいしいパンでした。パン単体でも食べたいくらい。

シンプルなエッグサラダサンド

ちなみにエッグサラダサンドはこんな感じ。
細かく刻んだゆで卵が挟まれている、いわゆるタマゴサンドです。

こちらも中の具材がしっかりめに味付けされていておいしい。小ぶりながらも満足感の得られる食べ応えでした。

一緒に注文したドリップコーヒー、豆の種類は失念したのですがフルーティですっきりと飲みやすかった。コーヒーのおいしさはさすがです。

おすすめは窓際の席

個人的にお気に入りなのは、光がたっぷり降り注ぐこの窓際席。
少し先に鯉の泳ぐ池も見えます。

奥には大きなテーブルや1人がけのカウンター席も。
ここは1人でじっくり考え事や読書するのによさそう。

店内ではコーヒー豆やシンボルマーク入りのグッズも販売されていました。

豆の種類も充実しています。

21_21DESIGN SIGHTや文喫など、様々なお出かけスポットがある六本木。
10時会場のところが多いので、あえて少し早めに出かけて外で朝ごはんを食べるのがおすすめです。

店舗情報

Blue Bottle Coffee Roppongi Cafe
営業時間:8:00〜20:00
所在地:東京都港区六本木 7-7-7


※情報は掲載時のものです